2021-03

チャクラの秘密 ~宇宙の法則・エネルギーを操る方法~ 井間 裕子 - 2021.03.27 Sat


出版社 : ギャラクシーブックス
発売日 : 2015/2/12
オンデマンド (ペーパーバック) : 214ページ
ISBN-10 : 486570051X
ISBN-13 : 978-4865700510

目次

第1章 「チャクラ」を知って宇宙エネルギーと繋がる
第2章 「エネルギーの法則」を使って夢を叶える
第3章 エネルギーを受け取り易くする「自己浄化」
第4章 チャクラヒーリングで幸運体質になる
第5章 ハイヤーセルフのエネルギーを降ろす
第6章 使い放題の宇宙のエネルギーを封入する
第7章 七福神のエネルギーで心のブロックを解放する


「創造」は神の力

創造することは必ず現実化します。
物質でないエネルギー(気)は時間に関係なく容易に動かせるのです。
「創造」は心の中で思い浮かべ、そして創り出すことです。

そして創造には必ず「実感」が伴います。
実感を伴ったイメージを、五感を使って感情を伴わせてイメージするのです。

状況だけをイメージするのではなく、大切なのは自分の内面の感情もイメージすることです。


叶った波動を細胞にインプット

創造の世界の中でゆっくり深呼吸して、
その時の沢山の幸せエネルギーを吸っておいてください。
その幸せなエネルギーを全身の細胞まで染み渡らせて、記憶しておくのです。
未来の成功のエネルギーを細胞の一つ一つにインプットしてしまうのです。

イメージ+実感+未来のエネルギーを吸収インプット
ここまでを創造しましょう。


「意念」を強める

意念、それは念力
「意念」とは【強い今の思い】のこと。
エネルギーワークは強い思い、強い意思を持って行う。
自分を信じ、強い自信と確信を持つことが大切になります。
意念の強い人がエネルギーを操れるのです。


・社長になりたい!・・・×
・社長になる!・・・○
・俺は社長だ・・・◎

のように、はっきりと、絶対に○○だ!と潜在意識に宣言します。
意念するときは否定形の形はもちろんのこと、絶対に不安や恐怖心を持たないこと!
意念は肯定系で確信を持って実践してください。


原因と結果の法則

私達はまず「結果」を創造します。
そうすることで自然に「原因」が次々と出現してくるのです。


「結果」→「原因」が自然の原理です。シンクロニシティ現象です。
シンクロ(共時性)は「必要な時に必要なことが起きる」現象を指します。

結果のエネルギーが、それを現実化させるために、
同類のエネルギーを引き寄せてくるのです。
これが原因と結果の法則です。

自分の望む最善の結果を設定してください。強く意念してください。
途中で意思が変わらなければ、必ずシンクロニシティ現象が起こります。
結果を生むための引き寄せが次々と起こってくるのです。

目に見えなくても、必ず創造した方向にエネルギーは動いているはずです。
その為の準備が少しずつ水面下で整い始めているはず。
それに気が付かないだけなのです。

小さな変化にも意識を向けてください。
何らかの関連性のある小さな出来事が起こっていますよ。
少しでもそれに気が付いたら、喜んでください。
そして「原因」を受け入れて楽しみましょう。

そうするとまた「結果」につながる「原因」が出現します。
そして、また受け入れて楽しみましょう。

小さな「原因」の数々を見逃さないで、喜びや感謝に
変えていくことがエネルギーを大きくしていきます。

「ありがとう、また原因がやってきてくれたのね、嬉しい~」と
原因が出現するたびに思うのです。
そうすればどんどん原因が湧き出てくるのです。

自分の「結果」は強く信じてください。
信じれば信じるほど、数々の「原因」が集まってくれます。


そして「原因」が多く集まれば集まるほど、
願望達成するまでの期間が縮まってくるのです。
その過程はとても楽しく感じるでしょう。


心の制限

・痩せるには苦労が付きものだ!簡単ではない!
自分を追い込まなくてはいけない!それなりの時間がかかる!

・痩せるなんて簡単なことよ!苦労なんていらない!楽しみた~い!

この違いが顕著に現れます。
自分の思考を分析すれば、どこに固定観念を持っているか、
どこに自分流の思い込みがあるかが見えます。
自分が気をつけることで思い癖は改善されます。

この概念を念頭に置いて「結果」を意念してください。
「結果」が同じでも「原因」の質をどう変えるかはあなたの自由です。
茨の道を行くか、歩く歩道の上を行くか、どちらを選びますか?


結果をもたらす「器」

願望の種類には色々ありますが、クオリティの高い願望は、結果が出るまでに
時間が掛かります。それだけの大きな「器」が必要になるからです。

よって、その人の「器」に見合った願望ならすぐ実現化します。
その人の器と同じ大きさの「結果」を望めばいいのです。
しかし、その人の器以上の大きな「結果」を望めば、その人がそれに見合った
器になるまで、願望エネルギーの動きが止まったように見えるのです。

第1段階・・・その人の器を大きくする為の「原因」がやってくるのです。

第2段階・・・器が出来上がった瞬間から今度は「結果」を達成するための
本格的「原因」が一気にすごい勢いでやってきます。


器形成のシナリオ

原因も結果も、全て自分が決めて現実化しているのです。
その人に起きる事柄は、運命ではありません。
自分で描いたストーリーがそのままやってくるだけです。

自分に起きる不幸なことは、人のせいでも、運命のせいでもありません。
全て自分が成長するために好んで引き寄せたことです。
全て自分の意思です。自己責任なのです。

自分が結果を創造して、それに見合った原因を創造している。
全て操縦しているのは本人、一人でやっている人生ゲームなのです。


この一連の法則こそが、宇宙の法則、エネルギーの法則です。


出版社 : ギャラクシーブックス
発売日 : 2015/2/12
オンデマンド (ペーパーバック) : 214ページ
ISBN-10 : 486570051X
ISBN-13 : 978-4865700510


この本は、普通は見えないチャクラや高次のエネルギーに関しての情報です。
高次のエネルギーとコンタクトすることで自分の世界が広がり、可能性も広がるでしょう。



さとりの授業 アセンション時代を生きるために知っておきたい大切なこと 阿部 敏郎 - 2021.03.20 Sat


出版社 : SBクリエイティブ (2010/9/25)
単行本 : 208ページ
ISBN-10 : 4797362197
ISBN-13 : 978-4797362190

目次

第1章 いまここ
第2章 さとりの瞬間
第3章 自我
第4章 幸福
第5章 世界
第6章 瞑想
第7章 神
第8章 永遠の命

連鎖反応からの脱却

世の中のすべての出来事から手を引くこと。
何ひとつ関わっていません。全部手放しにして、事が起きたいように起こしてあげるのです。
いまや自分はこの世に存在しているのではなく、超然とすべてを眺めるただの物見です。
その境地がエネルギーが漏れていない「無漏地」とよばれる状態です。


降参

降参するというのは放棄することではありません。
あるがままの現実を認めたうえで、自分がやれることをやっていく。
そして結果を天に委ねる、というのが降参という態度です。
「敗北」ではなく「認める」ということです。

この世界は思い通りにならないことを楽しむゲームなのだから
「思い通りにならないことを楽しむ」こと。


普段から気づきのなかにある

性懲りもなく未来志向で生きてしまう傾向を、しっかりと自覚することが大切だと思います。
未来を持っているかぎり、僕たちは決して幸せにはなりません。
結論を言えば、僕たちが幸せでないのは、時間という幻想に嵌っているからです。

相変わらず感情は沸いてきます。こればかりはどうしようもありません。
でも、感情が湧いてきた瞬間、そのことに気づくのです。

「これは怒りだ!」
そうやって感情に名前をつけてしまいます。
そのとき何が起きているのかというと、自分と感情が別のものになっているのです。
感情は単にスクリーン上に現れた色彩のひとつなので、それに名前を付けることで、
自分と一体化することを避けます。

「俺は怒った!」と言った場合、感情と自分が一体化しています。
しかし「これは怒りだ!」と言えば、感情と自分は別々になっています。
そのようにして感情に気づけば、それを味わうか否かを選ぶことができます。

気づかなければ、感情のままに振り回されてしまいます。
気づかなければ、いつもの自動反応にとらわれてしまいます。
だから、気づけばいいだけの話ですが、この気づきをその瞬間にだけ作用させるのは困難です。

ではどうしたらいいのかというと、普段から気づきのなかにいることです。
気づきのなかにいれば、何が起きてもそのことに気づいています。


普段からそのようにして気づきの中にあることが、生きる極意だといいます。
それは日々の新しい習慣です。

さとるのは簡単です。
自分がさとっているのを認めるだけですから。
自分は映像の中の出演者ではなく、スクリーンそのものだと思えばいいのです。
修行とは、自分の意識がいつでも自分の場所(いまここ)にいるように心がけることなのです。


静寂

僕たちの中には、絶えず僕たちをサポートしようとしている、大いなる存在からの知恵があります。
その声を聞けるようになれば、人生は的を射たものになり、スムーズに展開していきます。

そのためには、まずは自分の中にある静寂を知ることです。
忙しさのなかで、起きている現象にとらわれてしまい、静寂の存在を忘れがちです。
観念化したスローガンによって自動的に現実を判断してしまうのです。

したがって僕たちが学ぶべき第一は、静寂の存在を知ること。
そして次に、その静寂を持ちながら、日々の生活の中に入っていくことです。



愛の世界へ

本物の愛の基準
・愛のなかでは自分が消えているということ。

愛だけが残り、そこには愛している人は存在していません。
愛こそがリアルな存在であって、何かをしているという「自分」は消えています。

深い愛に包まれたセックスでもそれは起きます。
自分が消えてなくなるのです。
その瞬間、自分が消滅してまるで死ぬような感覚に包まれます。

しかしそのときに死ぬのは自我であって、その代わりに愛という存在が
細胞のひとつひとつを満たしていきます。
そこには、ただひとつなるもの、永遠と、安心と、喜びだけが残っています。
それが愛です。

したがって愛とは、限りない喜びであり、究極の満足感です。
さらには、永遠という次元に到達するので、時間が消えて「いまここ」だけが残ります。

「自分がいない」「究極の満足感」「時間が消滅する」
この3つが、自分の愛が本物かどうかを知る手がかりになります。


「いまここ」とは限りない愛に包まれている状態をいいます。
もしそのような状態でなければ「いまここ」にいることはできません。


神への信頼

神への信頼とは、その「流れ」を信頼することです。
そのときどきの出来事に一喜一憂するのではなく、その流れに身を任せながら、
「いま」に最善を尽くすこと。それが「信頼」です。
抵抗せずに、まずは受け入れるのです。

起きていることは、受け入れようが抵抗しようがあるがままにあります。
その起きている事実の単純さに取り組んでいくのです。
そして結果はお任せです。


それを作り出しているのは全体である神であり、部分である自分ではないからです。
だいじょうぶ。神は、あなたの味方です。


出版社 : SBクリエイティブ (2010/9/25)
単行本 : 208ページ
ISBN-10 : 4797362197
ISBN-13 : 978-4797362190


「あなたはありのままでゴールにたどり着いている」…
本書であなたは目覚めの時代のスタンダードを知るでしょう。



脳にNo! 「引き寄せ」を確実にする驚異の意識革命 かるべおさむ - 2021.03.13 Sat


ASIN : B01LJPGNG4
発売日 : 2016/9/3
ファイルサイズ : 943 KB

目次

第1章 脳という厄介な敵
第2章 思念を明確な言葉にする
第3章 「universe」と直接語る
第4章 意識して世界を再構築する
第5章 脳を忠実な部下にする


思念を明確な言葉にする

今こそ反旗を翻し、あなたの理想とする世界を再構築するための革命を起こす時です。
革命といってもたいそうなことではありません。実に簡単なことです。

あなたの意思を明確な言葉にするだけでいいのです。
これまで漠然とした思念として頭の中にふわふわと漂わせていたものを、
自分にも他人にもわかる言葉に置き換えるだけのこと。

声に出しても出さなくても結構です。
頭の中で、ゆっくり「今読んでいるこの本を◯時◯分までに読み終える」と宣言してください。
そして「この本に書いてあることをすべてマスターして実践する」と宣言してください。

言葉を語り始めた「あなた自身」に脳は驚いて抵抗しながらも、最後は必ず服従します。
さあ、ここからが革命の始まりです。

意思は言葉にして初めて力を持ちます。
言霊といわれるように、言葉にはとてつもない力があるのです。


思念は言語化して初めて「あなた自身」に対してもその器である脳に対しても、
さらには「universe」に対しても説得力のあるメッセージになるのです。


願望や感謝も音読する

書き出したこと自体に満足してしまい
「あなた自身」がそれを脳内できちんと言語化できていないと、
確固たる願望の「鋳型」を形成するまでには至りません。

願望は見えない「鋳型」になって、その中に
「感謝」のエネルギーが満たされることで初めて現実化するのです。

書き出した願望がいっこうに叶う気配がない人はそれをいちど音読してみてください。
声に出すことで、改めてそれは「universe」に対して明確なメッセージとして発信されます。

願望に執着しすぎることが、かえってその実現を妨げるということは、
「引き寄せ」に関する多くの本が伝えていることです。

そこで、ここでも声に出すことをお勧めします。
「私はいま願望を手放した」そう声に出して宣言してください。
あとは「鋳型」に感謝のエネルギーを注ぎ込むだけです。

その感謝についても、書き出したものを音読してみましょう。
こちらも声に出すことで、曖昧な思念よりもはるかに強いエネルギーになります。
それは「鋳型」にどっと充填され、願望はより早く確実に形あるものとして
現実の中に現れることでしょう。


未来完了形というマジック

ここではとりあえず1年後の未来を想定してみましょう。
「私は20XX年のX月X日時点で、◯◯をすでに実現している」
このように言い切ってください。
いちど文字で書き出してそれを音読するといいでしょう。

未来完了形で言い切ろうとすると、疑念や照れ、遠慮といった
後ろ向きな気持ちが必ずまとわりついてきます。これらはすべて
「あなた自身」から発したものではなく、脳の抵抗です。

しかし、そんな時は高らかにこう宣言してください。
「この願望にまとわりつくあらゆる後ろ向きな考えは脳の仕業である」
脳の抵抗だと割り切ってしまえばそれらは即座に「あなた自身」から切り離され、
もう何の意味も持たなくなります。

これであなたの未来完了形はまっすぐ「universe」に届きます。
これも漠然と思うだけではなく、きちんと声に出すことが大切です。

あなたはただ純粋に理想の未来像を描いて、未来完了形で宣言するだけでいいのです。


不都合な現実は「本当の願い」をあぶり出す

願ったものとは違う現実が目の前に現れたら「引き寄せ」を疑うのではなく、
あなたの「願い」の方を掘り下げてみてください。不都合な現実はたいてい、
あなたの「本当の願い」をあぶり出し、それを叶えるための布石になっているのです。

すべてを都合よく解釈し直す「universe」と向き合っていれば、
あらゆることは最終的にうまくいきます。目先の事象に惑わされないことです。

お金がないという現実があったとしても、
それはお金が入ってきた時により大きな歓びを得るための心の準備です。

いい仕事に恵まれない現実があったとしても、
それはより好ましい仕事を掴むためのステップです。

いいパートナーに恵まれない現実があったとしても、
それは自分に本当に相応しい相手を見極めるための訓練です。

こういう解釈は一種の「都合のいいこじつけ」に映るかもしれません。
しかし「こじつけ」で構わないのです。あなたが世界の支配権を脳から取り戻したあかつきには、
そこで起こることについてはすべて自分で意味付けをしていかなくてはなりません。
それが支配者の権限でもあり、責務でもあります。

あなたが「こうだ」と決めた世界があなたの世界になります。
ならば自分にとって最も都合のいい解釈をすればいいわけです。



意識して世界を再構築する王位を宣言する

これからあなたはその世界を壊して
「あなた自身」にとって望ましい世界に作り変えていきます。
あなたは支配者なのですから、その世界をきちんと整合性のあるものに
秩序立てて治めていかなくてはなりません。

そういう脳の蠢動を封じるためにも、意識して世界を監視する癖をつける必要があります。
とはいえ大層なことではありません。やることはただ一つ。

「私は私の世界の支配者である」

朝、目覚めた時にこう宣言するだけです。
漠然とした思念を浮かべるのではなく、明確な言葉として、音として発することが大事です。

たったこれだけのことですが、言葉にするのとしないのとでは世界の意味が変わってきます。
毎朝この「戴冠式」を行うことで、その日のあなたの世界支配は強固なものになります。
それでも不安なら、気づいたときに何度でも宣言してください。
そのたびに自信が甦ってきます。


世界の設計図を描く

自分が自分の世界の支配者であると宣言したら、
さっそく世界を思い通りに作り変えていきましょう。

ここからが胸躍る体験です。
まずはどんな世界にしたいのか、その設計図を描きます。
できるだけ具体的に、あなたにとって「あるべき世界」のありようを描いてください。

その際、現状がどうであるかは度外視すること。
現状をベースにしていたのでは、すぐにもとの世界観が持っていた秩序に引き戻されてしまいます。
一切の照れや遠慮を排除して、自分にとってこの上ない理想の世界を描き出すのです。

あとはその「鋳型」に「感謝」のエネルギーを注ぎ込めば、
あなたの望む未来は現実の世界で明確な形となって実現します。



ASIN : B01LJPGNG4
発売日 : 2016/9/3
ファイルサイズ : 943 KB


本書は「引き寄せ」の「教科書』ではありません。
本書は「引き寄せ」に関する本をすでに読んでいながら、
なかなか成功しない人のために書かれた「参考書」です。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

新着記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR

検索フォーム

リンク

知らんモンは知らん
潜在意識ちゃんねる
潜在意識 珠玉のレスファイル集
引き寄せの法則 【LOAの部屋】
ザ・チケット板☆備忘録

010-h1.gif

相互リンク募集中です
お気軽にメールください (^^

>>メールはこちら

010-h1.gif

カテゴリ

自己啓発 (9)
引き寄せの法則 (12)
スピリチュアル (38)
お金 (5)
潜在意識 (2)
ノンデュアリティ (3)

プロフィール


Author:LIA

ブログランキングです。



読書備忘録ランキング

いつもポチっと
ありがとうございます。
*・ω・)*_ _))ペコリン

PR

ユーザータグ

ディーパック・チョプラ ジョン・F・ディマティーニ 佳川奈未 真名圭史 かるべおさむ ボブ・ドイル ウィリアム・W・アトキンソン 宇咲愛 住友進 宇都出雅巳 慈恩保 サリー・ボンジャース 三木学 篠原伸介 枡野俊明 都城光人 西田文郎 山﨑拓巳 渡部昇一 ラルフ・ウォルドー・エマソン ジェリー・ギリアス あおそら友里 ももせいづみ バーソロミュー ジョー・ギャレンバーガー 伊藤真 古閑博丈 はせくらみゆき マイク・マクマナス 坂本政道 スチュワート・ワイルド 有野真麻 天音優希 高岡亜依 如月マヤ ボブ・プロクター 井間裕子 阿部敏郎 リリー・ウィステリア 堀内恭隆 ブレンダ ビクター・ボック ヒューイ陽子 P・T・バーナム シャクティ・ガワイン Mana Shinji ピーター・セージ 清田海 ウエイン・W・ダイアー 松久正 マクスエル・マルツ ディラン・トゥッチロ 

RSSリンクの表示

QRコード

QR