2021-04

ハートへの哲学 - 2020.10.03 Sat


発売日 : 2016/5/23
単行本(ソフトカバー) : 160ページ
ISBN-13 : 978-4864512046
ISBN-10 : 4864512043
出版社 : ナチュラルスピリット

目次

序章 閉塞感の底にあるもの
前章 自分と再び手をつなぐために
後章 新しいあり方へ
結章 自分という神秘へ


自分からは逃げられない

一つの悩みを解決しても、また次が出てきてしまう。
問題の〝中身〟がすり替わっていっているだけで、結局は根本的な解決に至っていない。
一人ひとりが自己の尊厳を忘れ去ってしまっているのが原因。

それは「欠乏」が出発点となるからなんだ。
自分という存在の尊さを忘れると、自分自身に安らいだり、満たされていることができなくなる。
代わりにその価値を他の何かで補おうとして、際限のない角逐の中に
自らを投げ入れてしまわざるをえなくなるんだ。

でもそういうあり方では、結局は満たされることができない。

何かを手に入れられたから自分に価値があるということは、
裏を返せば、それがなければ自分自身には価値がないと言っているのと同じことだからだ。

自分自身の尊厳を取り戻すにはどうすればいいかって話だったね。
率直にいうと、必要なものはたった二つしかない。その二つとは何か――。
それは「考える」ことと「感じる」ことだ。



本当の意味での学歴

大きいひまわりを見て心励まされる人もいれば、
小さいたんぽぽを見て心和まされる人だっている。
そこに優劣の違いなんてないんだよ。

自分が真に幸せに輝くために必要な知識を、生涯に渡って身につけていくこと。
それが本当の意味での、その人にとっての学歴となるはずだ。

もし、当人の成長度合いを測る基準があるとすれば、それは「その人自身」だけだ。
一人ひとり立っている土俵(歩む道)が厳密には異なる以上、
単純にその出来具合を比較して序列づけるなんてできない。

もし競争することが求められるとすれば、
それはその人自身の成長につなげることができる、という理由においてだ。

だからあくまで、本人自身の充実に関わる問題なんだよ。
結局のところ、すべては自身の歩むべき道へ向けて、自らを高めるためのものであるということ。

その「歩むべき道」を選び取ればいい?
カンの鋭い人は、もう気づいたかな?
そう、ここで「感じる」ことが必要となってくるんだ。

君は生命の顕れとして、宇宙にたった一つの個性を伴って存在している。
そのかけがえのなさ、比較しようのない尊さに、もっと心開くこと。
君が君としてあることの素晴らしさを、もう一度思い出すこと。

それが、君という存在の尊厳を、世界と人生に取り戻すことにつながるんだ。


自己の尊厳を取り戻す

人生の舵取りを、自分が選択するべき方向を見つけ出すことができるか。
それは結局、君の中に息づくところの大いなる生命の息吹、
叡智の力に耳を傾ける、ということに尽きるんだ。


カンタンなことさ。ようは君自身の心に、ハートに寄り添いなさい、ってことなんだから。

君がすべきことは一つしかない。
思考(固定観念)のくびきから自身を解き放ち、ハートが彩る君だけの色彩を、
人生という真っ白なキャンバスに思いっきり描いていくこと!
それ以外に人生でするべきことなんて……はたしてあるだろうか!


善悪の考え方こそが平和な世界の実現を阻んでいる

楽しいのも、悲しいのも、感情は同じ感情だ。
そこによい悪いはなく、どちらも自然な働きとして、必要があって出てくる。
そういう意味では、どちらも「よい」ものなんだ。

では、どうすればいいのか。
ただ「気づく」だけでいい。善悪という価値基準の奥にある幻想性に。

「絶対に」正しい考え方や価値観なんて、宇宙に存在しない。
それは、ものごとにはそれを成り立たせるための究極的な原因や理由なんて、存在しないからだ。
あらゆる色の中で、赤という色こそが、もっとも正しく価値のある色だとは言いきれない。

青だって、緑だって素晴らしいんだ。
それぞれの好みの違いこそあれ、存在として、同じ「色合い」として、そこに優劣なんてないんだよ。

君は他に打ち勝って、自らの存在の正当性を証明する必要なんてない。
君という色彩の完全性は、宇宙の理によってすでに立証されているんだ。
それ以上に求められるべきものなんて、他に何があるだろう!

力を求めたところで、相手もそれに対抗しようとして、
さらなる戦火の渦が巻き起こされるだけのこと。

本当に必要なことは、至ってシンプル。
ただ「気づく」だけでいいんだ。
仮に力で相手を屈服させたところで、何の解決にもならないことにね。

自分が行っていることの無意味さに気づけば、
誰が何をするまでもなく自ら進んで武器を手放す。それだけのことなんだ。


幸せになるために必要なのは、今幸せを感じる気持ち

あらゆるものごとは、因果の流れに即して、ただそのように起こっているだけ。
そこにあるのは「そうである」という事実だけ。
そこに善いも悪いも存在せず、そうしたすべてを呑み込んで、現れては消え去っていく。
ただ、それだけのことなんだ。

その厳然たる、不変的な事実を見つめること。
それが常に移り変わるこの世界で、決して変わらない普遍的な視点を君に与えてくれる。

そうして君が世界の内にありながら、世界を超えた自由を手にすることができたとき。
何ものにも左右されない、君だけの、君本来の生を歩むことができるようになるんだ。

常に求めるものは幸せである以上。
いつでもどこでも、幸せでいられること。
「一番好きな自分」でいられること。
それが本当に自由な状態であるということ。


「一番好きな自分でいられる」という本当の自由

相手の言動やそれにより引き起こされた自身の感情にさえ左右されずに、
その時々の状況において、自らが感じる最も素晴らしい可能性を選択すること。
それが他の一切に支配されない状態であり、自らの心の真実に殉じるということ、
自分の心が思い描く本当の自由を生きるということに他ならないんだよ。

その選択により、最終的にどういう結果が引き起こされるのか。
君は心配しなくていい。君にできることは、その時々において自分にできる最善を尽くすことだけ。

それを相手がどう捉え、どのように実が結ばれていくかは先方の問題であって、君自身の問題ではない。
その行動の本当の値打ちは、君が君自身の真実を生きたという事実それ自体によって
測られるのであって、結果によって測られるのではないのだから。

だから、後のことは天にお任せして、君は君であればいい。
君が君自身を生きることが、世界において君がなすべき最高の答えそのものなのだから。
「一番好きな自分でいられる」という本当の自由を、一人ひとりの生に取り戻していくこと。


一元性の善

世界の、日常の中にある楽しさや美しさに目を向けていくこと。
それが積み重なることで、小さな幸せはより大きなものへと変わっていく。

そうして生きることに対し、世界に対して心開くことができたなら。
世界もまた君に対して自らを開いてくれるはずだ。
そこにはきっと、これまで気づくことのできなかった、美しい色彩が描かれていることだろうね。

「善」とは、善し悪しを決めて一方を裁断することではなく、
ものごとの善き側面に光を当てて引き出していくこと

各々の主張を尊重し、その上でそれぞれの可能性がより活きるよう図っていくことが、
善き社会の実現のために求められること。

ものごとを善悪に分かつ二元性に基づいた善ではなく、
すべての内に秘められた善の可能性を見つめ、それを開花させていこうとするあり方。
そこに善悪による裁断という二元性の善を超えた「一元性の善」が顕れていく。


闇と拮抗するのではなく、その闇さえも輝かせようとする意識。
そこに至高の光としての「善」が顕れる。

自分の心が抱いている本質の部分と向き合っていくことは、
より充実して満たされた生を取り戻すにあたってとても重要なことだ。

自己の外部に成功や豊かさを求める意識自体を変えていかない限りは、
人類は比較競争による「奪い合い」の世界から抜け出すことはできない。

元にある自分自身に満たされること。
それのみが人生に豊かさと幸せを与えてくれる。



豊かさを外から得ることはできない

幸せになるのではなく、幸せから始める。
同じ「自己実現」をするならば、「欠乏を抱えた自分」ではなく
「満ち足りた自分」をこそ実現していく。
それが人生をより実りあるものにしていくための秘訣だ。

大切なのは、他と競争をさせることよりも、むしろ居場所を与えてあげることだ。
誰かが作った枠組みに無理矢理はめ込んで、決められた地位を勝ち取らせるのではなく、
その人が一番自分らしく輝ける居場所を見出すことで、自らを活かすことのできる土壌を造り上げること。

自分自身を何かのための道具として扱うことをやめること。
道を選ぶ際には、怖れからではなく、喜びから選択すること。


本当に各々が自らの持ち場に立って内なる自由を生きるようになれば、
淘汰されるからではなくて、何より自分自身の矜持ゆえに、さらなる向上を求めるようになる。

お金のためでなく、何のためでもなく、職人がただひたすらに己の道を極めんと腕を磨き続けるように、
自分自身が生の目的そのものとなったとき、人は最高の情熱を発揮する。
それがまた真の意味での、世の中の発展繁栄に寄与していく。

音楽は、楽器の中にある空洞を息が駆け抜けることで鳴り響く。
神の笛になり、世界と響き合う。

晴れの日も、雨の日も、嵐の日だって、すべてを楽しむことができたなら――
まさしくその人生は「無敵」の輝きを放つ。

あることの神秘、生きるということの奇跡のような輝きにもう一度目を向けることが、
世界に蔓延する虚無感を打ち払い、人々に生の実感と充実感を取り戻すために必要なことではないだろうか。


発売日 : 2016/5/23
単行本(ソフトカバー) : 160ページ
ISBN-13 : 978-4864512046
ISBN-10 : 4864512043
出版社 : ナチュラルスピリット


個人の生き方を問う、哲学的指南書。
存在の尊厳に満たされ、ハートの輝きで生きる。



わかっちゃった人たち 悟りについて普通の7人が語ったこと - 2020.05.03 Sun


単行本(ソフトカバー): 192ページ
出版社: ブイツーソリューション
ISBN-10: 4434187945
ISBN-13: 978-4434187940
発売日: 2014/1/21

284.png 目次

第1章 おしまい
第2章 わたしは木
第3章 オーストラリアはない
第4章 まったくの自由、まったくの無秩序
第5章 海であること
第6章 豆を数える人
第7章 ティースプーンもスピリチュアル


284.png 個人は絶対に「源泉」を見つけ出すことが出来ない。
というのも、そもそも個人は初めから「源泉」の完璧な現れだからだ。
探しているものがまさに目の前で自分の顔をじっと見つめているのに、それに気づかない。
なぜかと言えば、探求するのに忙しすぎて、それどころじゃないのだ。
あまりに上手く隠されていて、あらゆるものとして現れているのに、人にはそれが見えないのだ。


284.png 存在するのは今だけだ。過去は存在しない。未来も存在しない
子どもの頃の話をしているとしたら、それは実際のところは今この瞬間にでっちあげられている空想なんです。
その空想にはまったく何の現実性もありません。今があって、目の前のものごとは今起こっています。

それ以外はただの観念、空想にすぎないんです。
過去に何かが起こったこともなければ、未来に何かが起こることもありえません。
実際に存在している今は、たったひとつだけです。

必要なことはすべてやってきます。
一生懸命取り組むべきかどうかとか、努力した方がいいのかどうかと悩まなくてもいいんです。

宇宙はどの瞬間にも一人一人に必要なものを正確に与えています。
それが自分の気に入るかどうかは別として。


284.png どんなことが起ころうが自分にはまるで関係ない。

人生で変わったことは何もない。
でも、変わったことがあるとすると、心配がなくなって
不安もなくなったということかな。

何についても悩まないし、何も心配はない。
自分は劇の中のただの登場人物で、いろんなことが自分の周りで起こり続けて、
自分は登場人物のひとりとしてそれなりのやり方でそういうことに反応していくだろう、
っていう認識があるんだ。そのとき自分に選択する自由はない。それで問題ない。

どんなことが起ころうが問題ない。いずれにしても自分にはまるで関係ないことなんだから。

ものごとの見かけのう上でそういうことがただ起こっているだけで、
このキャラクターは特有のやり方で行動するということ。
でもそこに気づきがあって、気づき以上のものなんだけど、言ってみればこんな感じ。

「これは起こっている。でも自分に起こっているわけではない」

あらゆることが起こっていて、そのあらゆるものが自分なんだ。

存在しているのはひとつだけなのに、まるで複数のものが存在しているみたいに現れてるってこと。
でも実際あるのはいつでもただひとつのものだけなんだ。何も分離してない。


284.png 心配も苦痛も感じたい

僕は緊張が好きなんだ。感情を感じたい。
もし自分の彼女が自分以外の人に惹かれたとしたら心配も苦痛も感じたいんだ。
悲劇的なことが起こったら、生きてる気がするし、それをどうにかしたい。

「生じるものが何であれ、その中にすっかりくつろぐということ。
何であれ迎え入れて、何であれ愛する」



284.png 自分を成り立たせているものを失うともっと自分自身になる

恐れの一つは、自分をひとりの人間として成り立たせているものを失うんじゃないかっていう恐れなんです。
自分を自分にしているものの本質を失ってしまうのが怖いんです。

でも本当に愉快なんですけれど、これは失うどころか、もっと自分自身になるっていう事なんです。
それは以前だったら無理だったような状況でも、完全に、それから楽しく自分自身でいるっていう
感覚をすごく感じるということです。すべてがそのままで大丈夫。


284.png ノーガード戦法

起こることすべてを受け入れて感じる。
否定したり拒否したりしない。
何であれそのままを受け入れる。

格闘ゲームでいったらノーガード。
すべてをくらい続けていく。
その経験を経て、どう在りたいかを意図する。
現状を受け入れつつ、否定せず、在りたい結果のみにフォーカスする。

すべての経験をそのまま見る。


単行本(ソフトカバー): 192ページ
出版社: ブイツーソリューション
ISBN-10: 4434187945
ISBN-13: 978-4434187940
発売日: 2014/1/21
284.png

自分に起こった目覚めや悟りと呼ばれるシフトについて、普通に生活している7人が経験を率直に語った。
そのとき何がわかり、何が変わるのか?



バーソロミュー ―大いなる叡智が語る愛と覚醒のメッセージ - 2017.05.14 Sun


単行本(ソフトカバー): 296ページ
出版社: ナチュラルスピリット
ISBN-10: 4864510768
ISBN-13: 978-4864510769
発売日: 2013/2/26

目次

第1部 人間関係
 
愛ではないもの 
ソウル・グループ 
性エネルギーという贈り物
自分を愛する


010-h1.gif

一番重要なのは、
私たちが求めるものはすでに、私たちの中に存在するということ。
探せば見つかるということを思い出すこと。


010-h1.gif


284.png バーソロミューがやってきた理由

私たちがすでに知っていること、つまり、
自分とまわりの世界を分離したものとして見るのは幻影であること、
そうした世界観は苦しみをもたらすことを、私たちに思い出させるため。

この幻影を創りだしたのは私たちであり、
それを自分たちで終わらせることもできるのだということを思い出させるため 。


284.png 〝大いなる叡智〟 が現れることを謙虚に祈る

自分が自分の進むべき「道」を選び、
その道に従って生きようとするなら、まず心を完全に開いて、
〝大いなる叡智〟が何らかの形で自分の前に現れるように、謙虚に祈ることです。
そうすると、自分の人生に色々なことが起こり始めます。


284.png 愛とは自分のあり方そのもの

愛とは、何かをしたり、頭であれこれ考えることではありません。
自分のなかや自分のまわりにあって、自然に流れ動くものが愛なのです。
そして、その人のあり方そのものが〝崇高なる愛〟なのです。

愛とは行為や行動をさすのではありません。
愛のただなかにいるときに人が鮮明に意識するのは、
愛とは自分のあり方そのものだという事実です。



284.png 愛情深い人とは

自分の心をよぎるすべての人、自分の目の前に現れる人のすべてに対して、
温かい思いやりの心とその人たちの気持ちを理解する心を持つことができたとき、
その人は本当に愛情深い人ということができます。

ここで強調したいのは、努力や意思の力で愛を得ることはできないということです。
あなた方一人ひとりが、すでに愛そのものだからです。
ただ、この愛の状態を実感するために、あなたにできることがあります。
それは愛したいと心から望むことです。

愛を生みだす公式のようなものはありません。
愛のエネルギーはすでに自分のなかを流れています。
自分のなかにある愛に注意を向けなければ、あってもなくても同じです。


284.png 感情を選択できるのが成熟した人

自分自身に対して、正直であるようにしてください。
自分の肯定的な面、否定的な面、両方とも素直に見てください。

まわりの人も出来事も、自分の一部であることを認め、受け入れることができますか。
怒ったり、いきどおったり、やきもちをやいたり、
そのほかの醜い感情を感じることができますか。

成熟した存在というのは、
自分のなかにあらゆる感情エネルギーの引力を感じとりながら、
特定の感情エネルギーに従うかどうかの選択ができる人です。
そこに選択肢を見ることができる人です。



284.png 人生のすばらしさは変化のなかにある

何かに怒るなど、否定的な反応をすることができない人は、人生を生きていません。
そういう人は、まやかしの人生観を持つことによって、自分のエネルギーが
失われていることがわかっていないのです。

自分はこうあらねばならないとか、こうしてはいけないとか、
こういう生き方しかしてはいけないと言ったりすると、その人の命は止まってしまいます。
肉体は時間と空間のなかを動いているかもしれませんが、その人のエネルギーは止まり、
エネルギーの流れを感じることができなくなってしまいます。
どんな感情も起こらなくなります。

自分の感情の振り子が左右に揺れるのを受け入れたときに、ようやくその状態から抜けだせるのです。
両極のあいだを、自由に行ったり来たりできるようになると、人生のすばらしさは
まさにその動きそのものにある、ということがわかります。


人生の喜びやすばらしさやパワーは、人生の出来事によってもたらされるものではありません。
人生に起こる様々なことすべての動きのなかに、移り変わりのなかに、
一瞬として同じではないその変化のなかにこそ、人生のすばらしさがあるのです。
感動と驚きに満ちた「命の躍動」のなかに、喜びはあります。


284.png 人生の否定的な面を受け入れる

感情が、怒りや悔しさのイメージを描きます。
そして、人はそのイメージを真実と思いこんで、それに反応するのです。
ところが、ここで心に浮かんだイメージが真実かどうか、誰も疑ってもみません。
ただ傷ついたと感じ、泣きわめきたくなるだけです。

この時点で立ち止まってみてください。
そのときの自分の感情に十分ひたり、感情を抑えないであるがままにしてみるのです。
あるがままにしていると、何か違ったエネルギーが動きだします。
心のなかのイメージの感情的なレベルを通りこして、
その後ろにある真実のエネルギーに入ることができます。
そうすると、それまでの感情が発散され、解放され始めます。

ありのままを感じることによって、単なる感情のイメージを通りこして、
そこで起こっていることの本質を知る必要があります。 

人間に入ってくるエネルギーは一つなのですが、
人間はエネルギーを通すプリズムなので、出るときは様々な部分に分かれます。
それは色々な行動や考えや感情となって現れます。

エネルギーが入ってくるときに、静かに安定したプリズムとなって
それを感じるようにすれば、動揺したりしません。
 

とにかく、感情を感じることから始めてください。
感情をありのままに受け入れていけば、それを解放することができます。


284.png 嫉妬心から抜け出る

自分の心の中に入っていき、自分の全存在のパワーを使って、

「嫉妬心のまっただ中にいる自分を愛します。
怒りの行動のまっただ中にいる自分を愛します。
自己憐憫を感じている自分を愛します」

と言うことで、自由を獲得できます。
どんな感情であれ、どんな想念であれ、どんな行動であれ、そのただなかで、
「私はこの瞬間、ありのままのこの自分を愛します」と宣言することから、自由が生まれます。



284.png 感情が発生するしくみ

想念は人のまわりにいつも漂っていて、
想念と人とのあいだにはオーラ(霊域)と呼ばれるものがあります。
それぞれの人の性癖により、まわりにただよう想念の中の特定のものを選び、
自分に引きつけます。

想念は外にあるのです。
想念はあなたのオーラを通過して入ってきます。
それが感情として記録され、その感情から、未来の行動を創りだすのです。


284.png あらゆる感情を経験し、マスターすること

あなた方が地球にやって来たのは、
あらゆる感情を経験し、これらの感情をマスターできるようになるためです。
どう反応するか、どの想念を引き寄せるか、どんな行動を人生に生みだすのかを、
「自分で選ぶことができる」という事実に気づくことによって、
感情をマスターできるようになります。



284.png 否定的な想念がやってきたときは

自分のなかにイヤな感情を感じた瞬間、自分にこう言います。

「私はこの感情を愛します。それを歓迎します。
この感情は、去る必要もなければ、変わる必要もありません。
私の一部なのですから。私はこの感情を受け入れます」

そうすると、心のなかにいつもある温かさが、この「岩」の方に動いていきます。
そして、ゴツゴツした岩をなめらかにし、それを囲み、ボロボロにし始めます。
つまり、この「岩」に対するあなたの愛の力を通して「岩」はその愛を自分の身につけます。

それはあなたの愛で満たされます。
愛がこの「醜い」感情の塊に注ぎこんで、それを囲み、高揚させます。
そしてこの感情は「愛にあふれた」感情に変わるのです。 

これらの否定的感情をあなたの愛で温め、受け入れてやることで、
「変化」や「変容」が現実のものとなります。

自分は限りなく大きな存在であり、どんな感情をいだいても大丈夫なんだと
確信できると、何も怖れることがなくなります。


284.png 愛の行動ではなく、愛の流れへ

この世に存在するもので、自分が内包できないものは
何もないのだとわかると、怖いものがなくなります。
どんなに大きな心の痛手を受けた人も、そこから逃げずに、それを愛してください。

自分を傷つけた人を愛するというのではありません。
そうではなくて、その苦しみの感情を愛するのです。 
その人たちを愛さない自分というものを愛するのです。
その人たちを嫌っている自分を愛してください。

誰かを愛せない自分、誰かを嫌っている自分さえも愛し始めると、
魔法の力によって変化が起こり、その状況そのものが温かさを帯び、
自分が相手を愛せないからイヤな気分になる、ということがなくなります。 

今まで外の世界に求めていたものを、自分で生みだすことができることに
気づいたときに、やっと人生のマスター、本当の主人になるのです。

自分の人生のマスターになって、自分を愛していると感じられるようになると、
あなたの人生は愛の行動ではなく、愛の流れとなります。
誰が目の前にいようとも、愛の流れを感じることができるようになります。
自分が愛の流れそのものになることで、自由になることができるのです。

今まで外の世界に向かって請い願ったり、交渉したり、
色々な手を使ってやってほしいと頼んだことが、
自分自身で出来るようになると、ゲームは終わるのです。


284.png 大いなる愛は自分の中にある

毎日、あなたのなかの一部が表面に出てきて、
新しい経験をするたびにあなたの新しい面を見せてくれます。
自分にそんな面があるなどとは夢にも思わなかったような部分を発見します。

笑ったり、泣いたり、怒ったり……というように常に変化しつづける模様を描きながら、
あらゆる感情が人のなかには存在します。これこそが人生の不思議であり、すばらしさなのです。
感情の織りなす模様を完全な形に固定しようとするのをやめれば、
各部分の動きを楽しむことができます。
 

「私は自分を愛しています」と言い、愛を感じる努力をするたびに、
自分のなかの〝大いなるパワー〟を高め、〝大いなる炎〟をあおり立て、
〝大いなる光〟を自分の中に入れていることになるのです。

〝大いなる愛〟の実体は自分の中にあります。
自分を愛することに心を向けることによって、
愛のパワーに点火することができます。 

人間としての全体性に達すると、
すべての感情は自分自身であるが、自分のすべてではない、ということがわかります。

自分の中のあらゆる部分を愛することによって、自分自身と一つになれます。
それ以外に神への道はありません。自分自身がすでに神なのです。


単行本(ソフトカバー): 296ページ
出版社: ナチュラルスピリット
ISBN-10: 4864510768
ISBN-13: 978-4864510769
発売日: 2013/2/26


無辺に広がる悟りの境地への一番の近道は、この地球界を完全にありのままに受け入れ、
自分を完全にありのままに受け入れ、他人を完全にありままに受け入れ、
自分自身を愛するように他人を愛すること。叡智がいっぱい詰まった本。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

新着記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR

検索フォーム

リンク

知らんモンは知らん
潜在意識ちゃんねる
潜在意識 珠玉のレスファイル集
引き寄せの法則 【LOAの部屋】
ザ・チケット板☆備忘録

010-h1.gif

相互リンク募集中です
お気軽にメールください (^^

>>メールはこちら

010-h1.gif

カテゴリ

自己啓発 (9)
引き寄せの法則 (12)
スピリチュアル (38)
お金 (5)
潜在意識 (2)
ノンデュアリティ (3)

プロフィール


Author:LIA

ブログランキングです。



読書備忘録ランキング

いつもポチっと
ありがとうございます。
*・ω・)*_ _))ペコリン

PR

ユーザータグ

ディーパック・チョプラ ジョン・F・ディマティーニ 佳川奈未 真名圭史 かるべおさむ ボブ・ドイル ウィリアム・W・アトキンソン 宇咲愛 住友進 宇都出雅巳 慈恩保 サリー・ボンジャース 三木学 篠原伸介 枡野俊明 都城光人 西田文郎 山﨑拓巳 渡部昇一 ラルフ・ウォルドー・エマソン ジェリー・ギリアス あおそら友里 ももせいづみ バーソロミュー ジョー・ギャレンバーガー 伊藤真 古閑博丈 はせくらみゆき マイク・マクマナス 坂本政道 スチュワート・ワイルド 有野真麻 天音優希 高岡亜依 如月マヤ ボブ・プロクター 井間裕子 阿部敏郎 リリー・ウィステリア 堀内恭隆 ブレンダ ビクター・ボック ヒューイ陽子 P・T・バーナム シャクティ・ガワイン Mana Shinji ピーター・セージ 清田海 ウエイン・W・ダイアー 松久正 マクスエル・マルツ ディラン・トゥッチロ 

RSSリンクの表示

QRコード

QR