2021-04

自己信頼 - 2017.05.02 Tue


単行本: 112ページ
出版社: 海と月社
ISBN-10: 4903212106
ISBN-13: 978-4903212104
発売日: 2009/1/26

目次

1.自分自身を信じよ
2.真実に従って生きよ


284.png 自己信頼

自分の考えを信じること。
自分にとっての真理はすべての人にとっての真理だと信じること。
―それが天才というものだ。


284.png 心をこめて最善を尽くす

心をこめて仕事をし、最善を尽くしたとき、人は心安らぎ、晴れやかな気持ちになれる。
しかし、そうでない言動は、心の平穏をもたらさない。
それは何を創り出すこともなければ、何の希望も生まない。


284.png 自分自身を保つ

自分が自分であり続ける以外、守らなければならないものなどない。
自分を自分に解放せよ。そうすれば、世界はあなたの意のままだ。
正しいものはただひとつ、自分の考えに合ったものだけであり、
間違っているものはただひとつ、自分の考えに反するものだけだ。


重要なのは、自分に関心のあることだけであって、他人が考えていることではない。
この原則は、現実の生活でも知的生活でも同じように守り通すのが難しいが、
重要なものとつまらないものを見分けるのに大いに役立つ。

この原則を守るのが難しいのは、他人の行いは
自分よりもよく知っていると思い込んでいるからだ。
 
この世界では、周りの意見に従って生きる方がたやすい。
ひとりでいるときは、自分の意見だけに従って生きることも難しくはない。
しかし偉大な人物というのは、大勢に囲まれている中でも、
見事なまでのしなやかさで、自分を保っていられる人間だ。



284.png 古い習慣に従わない

自分にとって意味がなくなった慣習に従う必要はない。
そんなことをすれば、自分の力の無駄遣いだ。
時間の浪費であり、自分らしさも薄れてしまう。

自分がやるべきことをやれば、自分の姿がはっきりと見えてくる。
自分が本来やるべきことをやれば、強くなれる。


284.png 一貫性にこだわらない

人々をひるませ、自己信頼から遠ざけるもうひとつの脅威は
「一貫性」、過去の言動を重んじる態度である。
周りを失望させたくないから、過去の言動との整合性を重んじる。

しかし、肩ごしに後を振り返り続けていなければならない理由などあるだろうか。

なぜ過去の記憶の死骸をひきずり回してまで、
公の場所で言ったことと矛盾しないようにしなければいけないのか?
仮に矛盾したからといって、それが何なのだ?

たとえ記憶がはっきりしているときでも、自分の記憶だけに頼らず、
日々新しい一日を生きることが、賢者の進むべき道だろう。
自分の持論などさっさと捨てて自由になることだ。

一貫性など、偉大な魂とは何の関係もない。
一貫性にこだわるのは、壁に映った自分の影に脅えるようなものだ。

今心の中にあることを、口に出すのだ 。
そして明日には、明日考えたことを口にするのだ。
それがたとえ、今日言ったことと矛盾していても。


284.png 今このときをあるがままに生きる

ありのままに生きれば、ありのままに見るようになる。
強い者が強くあるのは、弱い者が弱くあるのと同じようにたやすい。
新しい直観を手にすれば、宝物のように溜めこんでいた記憶を、
ほこりをかぶったガラクタのように、進んで捨て去ることができる。

今生きていること、それだけに意味があり、過去にどう生きたかなど何の意味もない。


284.png あらゆるものはひとつの聖なる「根源」へと回帰する

人は、自分の価値を知り、何ごとも自分の思うようにすべきだ。
世の中は自分のためにあるのだから、こそこそ歩き回ったりしないでほしい。

科学では説明できない直感の奥深い力の中には、
すべてのものに共通する起源が潜んでいる。

心穏やかにしていると、どのようにしてかは分からないが、
心の中に「自分は確かに存在する」という感覚が湧いてくる。
その感覚は、周りの物や、空間や、光や、人と別のものではなく、
それらと一体であり、それらの生命や存在と明らかに同じ源から発しているのだ。

それそのものとして存在することは「万物の根源」の属性であり、
この属性をどれだけ備えているかによって、あらゆるものの価値を見定めることができる。

実在するあらゆるものは、美徳をどれだけ備えているかによって、どれだけ本物かが決まる。


284.png 他人の力を借りてしまえば、その場しのぎのものしか手に入らない

イギリスやイタリアやギリシャが尊敬されるようになったのは、
それらの国の人びとが、まるで地軸のように、自分たちのいるところに腰を据えていたからだ。
しっかりした気持ちがあれば、自分の果たすべき務めは、自分の居場所にいることだと分かる。

自分にこだわり、人まねをしてはいけない。
一生をかけて自分を磨き、力をつけていけば、天から授かった才能がいつか輝くときがある。
しかし、他人の能力を借りてしまえば、あなたが手にするのはその場しのぎのもので、
半分も自分のものにならない。

自分がなすべきことをしよう。
いくら期待しても、期待しすぎることはないし、
何をやっても、やりすぎることはない。

自分の人生という自然で高潔な領域にとどまり、自分の心に従う。
そうすれば再び「楽園」を創ることができるはずだ。

人を頼るのはやめよ。そうすれば、絶え間ない変転の中で、
ただひとつ揺るぐことなく立つ支柱として、あなたは周りにいるすべての人の支えとなる。

生まれつき力は持っているのに、その力を失ってしまったのは、
自分以外の何かに助けを求めたからだ―
そのことに気づいて、ためらうことなく自分の考えに従うことを決めさえすれば、
人はただちに身を起こし、自らの手と足とで奇跡を行う。

あなたに平和をもたらすのはあなたしかいない。
平和を手にするためには、自己信頼という原理原則によって勝利する以外ないのだ。


284.png まとめ

神は自分の中にいる。だから、自分しか信じてはいけない。
神の声を自分の魂の中に聞く。自分の真実は万人の真実。
ねたみはただの無知で、人まねは自分を縮小させる。

自意識を捨て、結果や利害を思い煩うことなく、
ただ自分の感覚に従って率直に裁きを下すこと。

力強いエマソンの言葉の一つ一つが心に響く一冊です。


単行本: 112ページ
出版社: 海と月社
ISBN-10: 4903212106
ISBN-13: 978-4903212104
発売日: 2009/1/26


混迷を極める現代にこそ読まれるべき価値がある、
と思わずにはいられない「人生成功の極意」に満ちている。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

新着記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR

検索フォーム

リンク

知らんモンは知らん
潜在意識ちゃんねる
潜在意識 珠玉のレスファイル集
引き寄せの法則 【LOAの部屋】
ザ・チケット板☆備忘録

010-h1.gif

相互リンク募集中です
お気軽にメールください (^^

>>メールはこちら

010-h1.gif

カテゴリ

自己啓発 (9)
引き寄せの法則 (12)
スピリチュアル (38)
お金 (5)
潜在意識 (2)
ノンデュアリティ (3)

プロフィール


Author:LIA

ブログランキングです。



読書備忘録ランキング

いつもポチっと
ありがとうございます。
*・ω・)*_ _))ペコリン

PR

ユーザータグ

ディーパック・チョプラ ジョン・F・ディマティーニ 佳川奈未 真名圭史 かるべおさむ ボブ・ドイル ウィリアム・W・アトキンソン 宇咲愛 住友進 宇都出雅巳 慈恩保 サリー・ボンジャース 三木学 篠原伸介 枡野俊明 都城光人 西田文郎 山﨑拓巳 渡部昇一 ラルフ・ウォルドー・エマソン ジェリー・ギリアス あおそら友里 ももせいづみ バーソロミュー ジョー・ギャレンバーガー 伊藤真 古閑博丈 はせくらみゆき マイク・マクマナス 坂本政道 スチュワート・ワイルド 有野真麻 天音優希 高岡亜依 如月マヤ ボブ・プロクター 井間裕子 阿部敏郎 リリー・ウィステリア 堀内恭隆 ブレンダ ビクター・ボック ヒューイ陽子 P・T・バーナム シャクティ・ガワイン Mana Shinji ピーター・セージ 清田海 ウエイン・W・ダイアー 松久正 マクスエル・マルツ ディラン・トゥッチロ 

RSSリンクの表示

QRコード

QR