2021-04

脳にNo! 「引き寄せ」を確実にする驚異の意識革命 かるべおさむ - 2021.03.13 Sat


ASIN : B01LJPGNG4
発売日 : 2016/9/3
ファイルサイズ : 943 KB

目次

第1章 脳という厄介な敵
第2章 思念を明確な言葉にする
第3章 「universe」と直接語る
第4章 意識して世界を再構築する
第5章 脳を忠実な部下にする


思念を明確な言葉にする

今こそ反旗を翻し、あなたの理想とする世界を再構築するための革命を起こす時です。
革命といってもたいそうなことではありません。実に簡単なことです。

あなたの意思を明確な言葉にするだけでいいのです。
これまで漠然とした思念として頭の中にふわふわと漂わせていたものを、
自分にも他人にもわかる言葉に置き換えるだけのこと。

声に出しても出さなくても結構です。
頭の中で、ゆっくり「今読んでいるこの本を◯時◯分までに読み終える」と宣言してください。
そして「この本に書いてあることをすべてマスターして実践する」と宣言してください。

言葉を語り始めた「あなた自身」に脳は驚いて抵抗しながらも、最後は必ず服従します。
さあ、ここからが革命の始まりです。

意思は言葉にして初めて力を持ちます。
言霊といわれるように、言葉にはとてつもない力があるのです。


思念は言語化して初めて「あなた自身」に対してもその器である脳に対しても、
さらには「universe」に対しても説得力のあるメッセージになるのです。


願望や感謝も音読する

書き出したこと自体に満足してしまい
「あなた自身」がそれを脳内できちんと言語化できていないと、
確固たる願望の「鋳型」を形成するまでには至りません。

願望は見えない「鋳型」になって、その中に
「感謝」のエネルギーが満たされることで初めて現実化するのです。

書き出した願望がいっこうに叶う気配がない人はそれをいちど音読してみてください。
声に出すことで、改めてそれは「universe」に対して明確なメッセージとして発信されます。

願望に執着しすぎることが、かえってその実現を妨げるということは、
「引き寄せ」に関する多くの本が伝えていることです。

そこで、ここでも声に出すことをお勧めします。
「私はいま願望を手放した」そう声に出して宣言してください。
あとは「鋳型」に感謝のエネルギーを注ぎ込むだけです。

その感謝についても、書き出したものを音読してみましょう。
こちらも声に出すことで、曖昧な思念よりもはるかに強いエネルギーになります。
それは「鋳型」にどっと充填され、願望はより早く確実に形あるものとして
現実の中に現れることでしょう。


未来完了形というマジック

ここではとりあえず1年後の未来を想定してみましょう。
「私は20XX年のX月X日時点で、◯◯をすでに実現している」
このように言い切ってください。
いちど文字で書き出してそれを音読するといいでしょう。

未来完了形で言い切ろうとすると、疑念や照れ、遠慮といった
後ろ向きな気持ちが必ずまとわりついてきます。これらはすべて
「あなた自身」から発したものではなく、脳の抵抗です。

しかし、そんな時は高らかにこう宣言してください。
「この願望にまとわりつくあらゆる後ろ向きな考えは脳の仕業である」
脳の抵抗だと割り切ってしまえばそれらは即座に「あなた自身」から切り離され、
もう何の意味も持たなくなります。

これであなたの未来完了形はまっすぐ「universe」に届きます。
これも漠然と思うだけではなく、きちんと声に出すことが大切です。

あなたはただ純粋に理想の未来像を描いて、未来完了形で宣言するだけでいいのです。


不都合な現実は「本当の願い」をあぶり出す

願ったものとは違う現実が目の前に現れたら「引き寄せ」を疑うのではなく、
あなたの「願い」の方を掘り下げてみてください。不都合な現実はたいてい、
あなたの「本当の願い」をあぶり出し、それを叶えるための布石になっているのです。

すべてを都合よく解釈し直す「universe」と向き合っていれば、
あらゆることは最終的にうまくいきます。目先の事象に惑わされないことです。

お金がないという現実があったとしても、
それはお金が入ってきた時により大きな歓びを得るための心の準備です。

いい仕事に恵まれない現実があったとしても、
それはより好ましい仕事を掴むためのステップです。

いいパートナーに恵まれない現実があったとしても、
それは自分に本当に相応しい相手を見極めるための訓練です。

こういう解釈は一種の「都合のいいこじつけ」に映るかもしれません。
しかし「こじつけ」で構わないのです。あなたが世界の支配権を脳から取り戻したあかつきには、
そこで起こることについてはすべて自分で意味付けをしていかなくてはなりません。
それが支配者の権限でもあり、責務でもあります。

あなたが「こうだ」と決めた世界があなたの世界になります。
ならば自分にとって最も都合のいい解釈をすればいいわけです。



意識して世界を再構築する王位を宣言する

これからあなたはその世界を壊して
「あなた自身」にとって望ましい世界に作り変えていきます。
あなたは支配者なのですから、その世界をきちんと整合性のあるものに
秩序立てて治めていかなくてはなりません。

そういう脳の蠢動を封じるためにも、意識して世界を監視する癖をつける必要があります。
とはいえ大層なことではありません。やることはただ一つ。

「私は私の世界の支配者である」

朝、目覚めた時にこう宣言するだけです。
漠然とした思念を浮かべるのではなく、明確な言葉として、音として発することが大事です。

たったこれだけのことですが、言葉にするのとしないのとでは世界の意味が変わってきます。
毎朝この「戴冠式」を行うことで、その日のあなたの世界支配は強固なものになります。
それでも不安なら、気づいたときに何度でも宣言してください。
そのたびに自信が甦ってきます。


世界の設計図を描く

自分が自分の世界の支配者であると宣言したら、
さっそく世界を思い通りに作り変えていきましょう。

ここからが胸躍る体験です。
まずはどんな世界にしたいのか、その設計図を描きます。
できるだけ具体的に、あなたにとって「あるべき世界」のありようを描いてください。

その際、現状がどうであるかは度外視すること。
現状をベースにしていたのでは、すぐにもとの世界観が持っていた秩序に引き戻されてしまいます。
一切の照れや遠慮を排除して、自分にとってこの上ない理想の世界を描き出すのです。

あとはその「鋳型」に「感謝」のエネルギーを注ぎ込めば、
あなたの望む未来は現実の世界で明確な形となって実現します。



ASIN : B01LJPGNG4
発売日 : 2016/9/3
ファイルサイズ : 943 KB


本書は「引き寄せ」の「教科書』ではありません。
本書は「引き寄せ」に関する本をすでに読んでいながら、
なかなか成功しない人のために書かれた「参考書」です。



universe 「引き寄せ」のための正しい世界観 かるべおさむ - 2021.02.07 Sun


ASIN : B01N9BB5BJ
発売日 : 2016/11/28
ファイルサイズ : 189 KB

目次

第1章 宇宙に対する基本的理解
第2章 主観で捉えた宇宙
第3章 多重な世界の中で
第4章 世界を成り立たせるエネルギー
第5章 無限の可能性と必然の連鎖
第6章 実践論としての新世界構築


宇宙は「何でもあり」の世界

「universe」はありとあらゆる可能性が折り重なって同時に存在する「何でもあり」の世界です。
今あなたが認識している世界は、その「あらゆる可能性」の中からあなたが自ら選んだ
アイテムをちりばめた、あなただけの世界です。

そうやってあなたが選んできたものを統合し、
一貫性のある世界観として統合しておくのが脳の役割です。

ここではまずはあなたが見ている世界はあなた自身
(もっと正確に言えばあなたの脳)が作ってきたのだということを
受け入れることが肝要です。

逆に言えばこれから先、あなたは無限の可能性の中からほしいものを選んで
あなたの世界に加えることができるということです。


この認識こそが「引き寄せ」を成功させるための大前提になります。
「universe」というカタログにはあらゆるものが存在しています。
それこそ「何でもあり」なのです。

種類も量も無限にあります。
誰かと奪い合う必要もありません。
あなたがほしいと思ったものはすべてあなたのものになります。
それが本来の「universe」のありようです。


それぞれに、それぞれの世界‌

あなたが視点を変え、光を当てる場所を変えれば世界は変えられます。
あなたの望む世界になります。

どこか別の場所にいる偉い神様があなたの世界を好き勝手に翻弄しているのではありません。
あなたの見ているその世界において、全知全能の神とはまさにあなたのことなのです。


エネルギーと願望の鋳型

人間の感情はこうしたエネルギーの世界の切り取り方を明確に変えることができます。
感情が変われば切り取る世界も変わります。それを自分にとって望ましい形にするのが
「引き寄せ」における「願い」です。

そしてその切り取り方は無限にあります。
あなたに関わる部分だけでも「universe」には無限の可能性があるのです。

「願い」はあなたの認識を、望ましいものが存在する
(とあなたが認識する)周波数で「universe」を切り取った断面に同調させます。

ただ「ほしい」という願い方は間違いです。
「ほしい」という感情は「ない」ことを前提にしたものであり
「ない」という周波数に同調します。

「すでにそれがそこにある」と思うことが正しい願い方です。

「願い」によって周波数を合わせてもなおチューニングは不正確で、
あなたは正しい周波数の近くにある様々なノイズを受信してしまうことでしょう。

そこに「願い」と親和性の高い、つまり「願い」が叶った時に伴う感情である「感謝」の
感情を加えることで、あなたの認識は望むものが存在する断面の周波数により近づき、
結果として望むものが現実のものとしてあなたの前に現れます。

「現れる」といってもその実態は、
単にそこにあるエネルギーの状態があなたの目に
「何かがある」と映っているに過ぎないのですが。

これをより分かりやすい喩えとして、これまで書いてきた本では
「願うことで願望の鋳型ができ、そこに感謝のエネルギーを注ぎ込むと願いが叶う」と表現してきました。
「願い」に執着しすぎると叶わなくなるのは、執着が「ない」という現状を
クローズアップさせることになって、「ない」という状態の周波数と同調してしまうからです。

これが「思ったことは現実化する」という
「引き寄せ」の法則の基本的なメカニズムです。


現実を度外視した壮大なプロフィールを描く

ここでは想像力をフルに発揮して、あなたの「別の人生」を創作します。
生まれてから今の年齢に至るまで、「こうありたかった」という人生を描き出してください。

どこでどんな環境のもとに生まれるのも自由です。
そして、好きな学校へ行き、好きなことをしてください。
あなたがこれなら最高に幸せだと思える人生を「プロフィール」の形に表すのです。

書くのが恥ずかしくなりそうなほど輝かしすぎる経歴でも、
躊躇しないで思い切って書き尽くしてみてください。

これはできそう、これはできそうにないなどといちいち考える必要はありません。
甲子園で五連覇して東大に合格しても構わないのです。
能力もお金もその他の条件もすべて揃っているものとして、好き勝手な人生を描いてください。
辻褄合わせも不要です。

ここで描く人生はあなたの現実的な人生から見てできる限り「非現実的」なものが望ましいのです。
欲張れる限り欲張って、あなたが「あり得ない」と思えるレベルの人生にしてください。

様々な思いを真正面から受け止めながら、今の年齢に至るまでの
「もう一つの人生」をダイナミックに描き切ってください。

あなたが描き出した理想の人生像は単なる空想ではありません。
あらゆる可能性を孕むこの豊穣な「universe」には「あり得ない」ことなど何一つないのです。

想像もできないような可能性まで存在するのが「universe」ですから、
想像できる範囲の可能性など思いのほか近くにあるのでしょう。

そういう前提で、あなたが描き出した理想の人生にもういちど思いを馳せてみてください。
その世界にいるあなたは今この瞬間、どこで何をしているのでしょうか。


▲第6章に「「もう一つの人生」の作成例」が収録されています。


現実的な夢ならすぐそこにある

心の旅はいかがでしたか。
「あり得ない」と思えるほどできすぎた夢のような人生に比べたら、
もしかしたらあなたがいつも願っていることなどずいぶん小さなものなのではないでしょうか。

「引き寄せ」に苦心している多くの読者は、
もしかしたら今の自分の願いがとてつもなく大きすぎるから叶わないのではないかと
心のどこかで心配しているのではないでしょうか。

しかし、失礼を顧みずに言えば
あなたが日常で思い描く程度の夢のほとんどはおそらく大したものではありません。

人に笑われそうなほど大きな夢を描いた上で、他の小さなものなどすぐに叶うと
あなたが決めてしまえば、それが「universe」における「常識」になります。
あなたの「小さな」願いはすぐに叶うレベルの位置づけになります。

そのために本章では「あり得ない」と思えるほどの人生を描くことで
世界観のダイナミズムを大いに広げることを試みました。

志を大きく持つこと。無限大の夢を描くこと。

よくある精神論ではなく、それがあなたの世界観のダイナミクスを広げるのです。
大きな夢を持つほどあなたは「universe」の新たな断面を認識できるようになりますし、
あなたがわくわくすればするほど、描いた理想に近い断面に同調できるようになります。


これまでのささやかな願いなど、すべて満員電車で目の前の席を空けることよりもたやすくなります。
繰り返しますが、「universe」にはあらゆる可能性があります。
あなたの描く夢がすでに実現している理想の世界もそこにはあります。
あとはあなたがそこに同調するだけのこと。

「引き寄せ」を実現する世界観はそれを理解するだけでいいのです。
いえ、あなたではなくあなたの脳に思い知らせてあげてください。


ASIN : B01N9BB5BJ
発売日 : 2016/11/28
ファイルサイズ : 189 KB


「引き寄せ」の法則について根本的な理解を深めるために欠かせない
「universe」の仕組みと、それとの向き合い方を解き明かす。



あなたの「引き寄せ」は間違っていた: 1時間で思い通りの人生を築く本 - 2017.05.12 Fri


フォーマット: Kindle版
ファイルサイズ: 1012 KB
推定ページ数: 44 ページ
販売: Amazon Services International, Inc.
ASIN: B01JWFQJCQ

目次

第1章 「引き寄せ」とは何だったか
第2章 「引き寄せ」は感謝の産物
第3章 「発見」力を鍛える
第4章 「発信」の秘密
第5章 「引き寄せ」を阻む三つの悪癖
第6章 「確率論」という誤解
第7章 「引き寄せ」の文法
第8章 「条件」を取り下げる


284.png 「引き寄せ」は感謝の産物

「引き寄せ」で躓く人は「感謝力」を欠いている場合がほとんどのようです。
「引き寄せ」とはじっさい感謝の産物です。
感謝のエネルギーが、それに見合った現実となって自分の前に現れる。
ありがたいと思う気分が、その気分にふさわしいモノやコトを引き寄せる。

何かを引き寄せたいなら、まずは「感謝力」を磨くこと。
日常から、いま目の前にある現状に感謝する習慣を持つこと。

何に対して感謝してもいい。
感謝そのものがポジティブなエネルギーなので、
常にそんなエネルギーで心を満たしておく。

感謝のエネルギーは永久不滅のクレジットカードのポイントのようなもので、
貯まったポイントは永久に蓄積され、減ることはない。
そしてその合計点数に見合ったものと引き換えることができる。

どんな小さなことも馬鹿にしないで感謝する。
いま財布にある千円札に毎日感謝できれば、
将来の一千万円が引き寄せられる。

そうしているうちに感謝に対する感受性が磨かれ、
ささいなことにも感謝できる自分になれます。
そうなるだけでも人は幸せな気分になれるものです。
そしてその幸せな気分がまた新たな幸せを引き寄せる。


284.png 「引き寄せ」は「発見」するもの

ここではまず、成功した小さな「引き寄せ」について。
その小さな「引き寄せ」はなぜ成功したのか。
というより、なぜ「引き寄せに成功した」と言えるのか。

それは日常の様々な出来事の中から自分がそれを「発見」したからです。
この「発見する」力が「引き寄せ」には非常に大切な役割を果たします。

にもかかわらず成功する人とそうでない人がいるのは、
ひとえにこの瑞兆を「発見」できるか、そしてその瑞兆の示すものに従って
速やかに行動を取れるかどうかにかかっている。


284.png 未来に感謝するより今に感謝

気持ちが感謝のエネルギーで満たされてくると、
どんなものにも感謝の気持ちで接することができるようになる。

感謝のエネルギーは万能で、
あることに対する感謝のエネルギーは、別の何かを引き寄せることもできます。
だから、まだ起こってもいない未来の何かに対して無理に感謝しようとする必要はまったくないんです。
今そこにあって実感をともなうことに感謝の気持ちを注ぐだけでいいのですよ。
そこで稼いだ感謝ポイントを、自分の願望に交換してもらうんです。


284.png 道筋をつけてしまう癖

大金が欲しい。 さて、それはどこから入ってくるのか。

自分が思いつくのはその無限の「道筋」のほんの一部だけです。
にもかかわらず、たとえば宝くじに当たることばかり願っている人がいます。
これが悪い癖なのです。
大金を届けるのは「universe」の仕事です。

自分はただ大金を手にして自由にできる身に自分を置いて、
そのことに感謝するだけでいいのです。
大金がどんな形で入ってくるのかは考える必要もないし、そもそも考えてはダメなんです。

「universe」は有能な部下のようなものなので、信頼して任せましょう。
求める結果だけを示したら、やり方などの細々とした指示はしてはダメです。


284.png 願望に執着してしまう癖

願望というのはいわば「universe」の中に置いた鋳型のようなもの。
その中に「感謝」のエネルギーが流れ込み、ある密度に達すると現実となって現れる。


ひとたび願望を明確な形にできたら、速やかに「手放す」ことが肝要です。
もう鋳型はあるのですから、いつまでもほしいほしいと願い続けるのではなく、
それをすでに手にしたことを想像して感謝したり、それが難しいなら
今あるものに感謝して願望の鋳型をエネルギーで埋め尽くすよう努めましょう。


284.png 幸せは演じるだけでいい

まずは笑ってみる。
「笑う」という動作が大切です。

幸せは演じるだけでいいのです。
どんな辛い境遇にあっても、まずは「楽しい」「嬉しい」と嘘をついてください。
嫌なことが頭に思い浮かんでも、それを無理に打ち消そうとする必要なく、放っておく。
ただひたすら、幸せを感じることだけに集中してください。

そうやっていると、
最初はポツリポツリと「幸せ」な感情が点のように去来し、それがやがて線に繋がって、
それから一気に幸福感の絨毯が心いっぱいに広がっていきます。
ほんの微かな幸福感にも「ありがとう」と声に出して言ってください。
声に出せないならせめて頭の中で。「ありがとう」という言葉にすることが仕上げです。

その時はもう何も無理に引き寄せようとは思わないほどの幸福感に満たされています。
それは欲望から解放され、願望の鋳型から完全に手を引いた状態です。
すると感謝のエネルギーがどくどくと願望の鋳型に流れ込んでいきます。
それが一定の密度を超えると、願望が現実の中にその姿を現します。単純な話です。


フォーマット: Kindle版
ファイルサイズ: 1012 KB
推定ページ数: 44 ページ
販売: Amazon Services International, Inc.
ASIN: B01JWFQJCQ


あなたの「引き寄せ」はどこがどう間違っていたのか。
1時間で読み切れるこのコンパクトな本の中に必ずその答があります。
一気に読み終えた時、あなたの人生は確実にあなたの望む方向へと変わり始めます。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

新着記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR

検索フォーム

リンク

知らんモンは知らん
潜在意識ちゃんねる
潜在意識 珠玉のレスファイル集
引き寄せの法則 【LOAの部屋】
ザ・チケット板☆備忘録

010-h1.gif

相互リンク募集中です
お気軽にメールください (^^

>>メールはこちら

010-h1.gif

カテゴリ

自己啓発 (9)
引き寄せの法則 (12)
スピリチュアル (38)
お金 (5)
潜在意識 (2)
ノンデュアリティ (3)

プロフィール


Author:LIA

ブログランキングです。



読書備忘録ランキング

いつもポチっと
ありがとうございます。
*・ω・)*_ _))ペコリン

PR

ユーザータグ

ディーパック・チョプラ ジョン・F・ディマティーニ 佳川奈未 真名圭史 かるべおさむ ボブ・ドイル ウィリアム・W・アトキンソン 宇咲愛 住友進 宇都出雅巳 慈恩保 サリー・ボンジャース 三木学 篠原伸介 枡野俊明 都城光人 西田文郎 山﨑拓巳 渡部昇一 ラルフ・ウォルドー・エマソン ジェリー・ギリアス あおそら友里 ももせいづみ バーソロミュー ジョー・ギャレンバーガー 伊藤真 古閑博丈 はせくらみゆき マイク・マクマナス 坂本政道 スチュワート・ワイルド 有野真麻 天音優希 高岡亜依 如月マヤ ボブ・プロクター 井間裕子 阿部敏郎 リリー・ウィステリア 堀内恭隆 ブレンダ ビクター・ボック ヒューイ陽子 P・T・バーナム シャクティ・ガワイン Mana Shinji ピーター・セージ 清田海 ウエイン・W・ダイアー 松久正 マクスエル・マルツ ディラン・トゥッチロ 

RSSリンクの表示

QRコード

QR